とうきのしずく 成分

とうきのしずくの成分は危険?しっかり把握したい方はこちら

 

とうきのしずく成分

 

とうきのしずくはパラペンなど刺激が強い成分が入っていないから安心!

 

という耳障りのいいキャッチフレーズですが、本当に安心できる成分を使っているか、調べてみないとわからないですよね。

 

最近は、とうきのしずくのように無添加処方の化粧品が増えていますが、

 

本当に危険な成分が含まれていないか検証してみました。

 

 

↓とうきのしずくの全成分はこちら

 

【成分】水(海水)、BG(イモ、サトウキビ)、グリセリン(ヤシ)、ペンチレングリコール(トウモロコシ)、ヒトオリゴペプチド-1(アミノ酸)、ヒトオリゴペプチド-2(アミノ酸)、ヒトオリゴペプチド-13(アミノ酸)、オリゴペプチド-24(アミノ酸)、オリゴペプチド-20(アミノ酸)、アセチルデカペプチド-3(アミノ酸)、カプロオイルテトラペプチド-3(アミノ酸)、オリゴペプチド-34(アミノ酸)、ライムギ胎座培養エキス液(ライ麦)、ヒアルロン酸Na(糖)、アセチルヘキサペプチド-8(アミノ酸)、ペンタペプチド-3(アミノ酸)、加水分解エラスチン(魚)、水溶性コラーゲン(魚)、フラーレン(炭素)、コンドロイチン硫酸Na(魚)、セリン(アミノ酸)、β-グルカン(オーツ麦)、テトラヘキシルデカン酸アスコルビル(トウモロコシ)、パルミチン酸レチノール(ヤシ)、パンテノール(コメ)、水添レシチン(ダイズ)、ソルビトール(糖)、キサンタンガム(糖)、ダイズ油(ダイズ)、カプリリルグリコール(ヤシ)、ポリソルベート80(ヤシ)、リン酸Na(塩)、レシチン(ダイズ)、ピーナッツ油(ピーナッツ)、スクワラン(オリーブ)、トコフェロール(ダイズ)、乳酸桿菌/ワサビ発酵エキス(ワサビ)、レウコノストック/ダイコン根発酵エキス(ダイコン)、海塩(海水)

 

 

このように公式サイトでも、とうきのしずくに配合されている成分がしっかりと表記されています。

 

そして、危険な成分は一切含まれていないことは明白でした。

 

とうきのしずくを使いたい人はこんな悩みを抱えていると思います。

 

  • 年齢を重ねて、肌トラブルが増えた
  • シミ、しわ、たるみが気になる
  • 肌のトーンを明るくしたい

 

とうきのしずくには上記の悩みを解消する成分がきっちり配合されています。

 

肌トラブルを解消する成分

 

多くの一般的な化粧品は普通の水を使っていますが、とうきのしずくの場合、

 

豊富なミネラルを含んだ海洋深層水(アルファグリックス)を使っています。

 

とうきのしずくは、このアルファグリックスを使うことで、

 

  • 石油系合成界面活性剤
  • 防腐剤(パラペン)
  • 合成香料
  • 鉱物油
  • 合成着色料

 

といった添加物を一切使用しないことに成功しています。

 

そういう意味で敏感肌、アトピー肌でも安心して使用できます。

 

そして、アルファグリックスには

 

抗菌効果やアトピー性皮膚炎を和らげる効果もあります。

 

なので、ニキビや肌荒れなどの肌トラブルを抱えている方にとって最適な成分です。

 

肌を再生させる成分

 

とうきのしずくには肌を再生させる成分グロースファクターが8種類入っています。

 

実は、コラーゲンやヒアルロン酸と同じように、体内にあるグロースファクターは年齢とともに減少してしまいます。

 

その結果、お肌の生まれ変わりターンオーバーは年齢を重ねるごとに遅くなります。

 

なので、意識してグロースファクターを補う必要がありますが、ほかの化粧品を見渡しても、

 

とうきのしずくのようにグロースファクターが八種類も配合されている商品はありません。

 

その分、値段はやはり高くなってしまいますが、本物志向の化粧品を使いたい人には、

 

とうきのしずくは最適な商品と言えます。

 

 

とうきのしずくを使用した実際の口コミを見ると、

 

「シミやしわが薄くなった」
「お肌に透明感が出た」
「肌荒れが解消した」

 

といった喜びの声も上がってきています。

 

とうきのしずくの口コミをご覧になりたい方はこちらをご覧ください。

 

とうきのしずく 口コミ